放送大学 公認心理士

放送大学で公認心理士になれるの?

心理系の職種では、医療の現場や福祉の現場に臨床心理士という職種の方がいますが、この資格は日本臨床心理士資格認定協会等が認める民間資格という位置づけでした。

 

しかし、教育や医療等の現場の充実はもちろんのこと昨今のメンタルヘルスの充実など様々な課題に対応していくために、心理職種の能力を担保するような国家資格制度の創設が求められてきました。この流れの中で2015年に公認心理師法が国会で議決されることとなり、国家資格として一定の能力を担保するような制度ができたという状況です。

 

法律用語では公認心理師が正しく、臨床心理士と類似したものであるため公認心理士と記載されることもあるのが実情です。

 

では、この国家資格を取得するためにはどのようにすればよいかというと、法律上の通常のルートは法律の施行の日以降に大学に入学する場合を規定しており、4年生大学において法律が求める必要な科目、例えば心理学概論や臨床心理学概論など多数に及ぶ科目を履修する必要があります。その上で大学院においてさらに専門課程で必要な科目を履修するした上で国家試験を受けるというのが一つの道です。

 

この大学院での必要な科目については、保健医療分野に関する理論と支援の展開といったものや教育分野における理論と支援の展開などこの職種の方々が働くであろう医療や教育などの現場ごとにとらえその現場における対応方法について理論的な面と実際的な面を学んでいくということになります。

 

もう一つの道は大学で必要な科目を履修した後に、実際に現場で実務経験を2年以上積み国家試験を受験するという方法があります。

 

法施行後については主としてこれらの方法で資格を取得していくこととなるのですが放送大学においては現時点ではこの法施行後のカリキュラムの対応ができていない状況にあります。ですのでこれから放送大学で大学4年のカリキュラムから入ろうという道は現時点ではありません。

 

次に、法施行前にこの心理学系を学んでいた人達はどうなるのかという点ですが、ここは経過措置が規定されており、法施行前に大学院において経過措置対応科目を学んでいるというケースなどに対応しています。

 

経過措置対応科目とは保健医療分野に関する理論と支援を必修として福祉分野、教育分野、司法・犯罪分野、産業・労働分野に関する理論と支援というそれぞれの科目のうち2科目以上を必修で学ぶことや、心理実践実習を必修として学ぶことなどが要件とされています。

 

放送大学においてはこの経過措置対応科目については講義を提供しているところであり、すでに大学院を修了している場合は経過措置が適用されませんが、現在学籍がある者については大学院における経過措置対応科目を履修して法定の要件を満たすこととなれば国家試験の受験をすることが可能となります。

 

ですので現在大学院に学籍がある方については放送大学で履修することにより公認心理師試験を受験することができます。